利用規約に同意してください

Feedback Partner利用規約

 

第1条   (総則)

 1. Feedback Partner利用規約(以下「本規約」といいます)は、トレノケートホールディングス株式会社、クインテグラル株式会社及びatma株式会社(以下「運営会社」といいます)が運営する「Feedback Partner(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めたものです。利用者は、本規約並びに運営会社が定める利用条件に同意のうえ、本サービスを利用するものとします。

 2. 本規約以外のヘルプ、ガイドページも本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを承諾し、本サービスを利用するものとします。

 

第2条   (本サービス)

 1. 本サービスの提供内容は、次の各号に定めるとおりとします。

  (1)  一定シナリオ及び役割に応じたフィードバック実施に関するロールプレイング。

  (2)  実施されたロールプレイングの内容に応じた評価。

  (3)  (2)の評価点をランキング形式で表示。

  (4)  その他前各号に付帯する事項。

 2. 本サービスは、運営会社のWebサイト(URL記入)で提供します。

 

第3条   (本サービスの利用)

 1. 本サービスの利用者は、自らの意思により本サービスを利用するものとします。

 2. 本サービスは、事前の申込み、会員登録及び個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める個人情報をいい、以下同じとします。)の提供不要でご利用できます。

 3. 本サービスは、個人使用のみを目的として利用でき、ビジネス、教育、雇用、人材採用等の場面での利用はできません。

 4. 利用者は、本サービスの利用と本サービスを利用してなされた行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

 5. 利用者は、本サービスの利用により運営会社(役員、従業員等を含みます。)、他の利用者または第三者に対し損害を与えた場合(利用者が本規約上の義務を履行しないことにより運営会社、他の利用者または第三者が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもってかかる損害を賠償するものとします。

 

第4条   (利用許諾)

運営会社は、利用者に対し、本規約に規定された条件かつ本サービスの利用に必要な限度で、本サービスを構成するコンテンツを非独占的に使用する譲渡不能な権利を許諾するものとし、利用者は、その範囲でのみコンテンツを使用できるものとします。

 

第5条   (利用料金)

 本サービスの利用料金は、無料です。

 

第6条   (権利帰属)

 1. 本サービスに関する映像、画像、文書、商標、ロゴマーク、記載内容、プログラム及びデータベース等についての著作権、所有権(以下「著作権等」といいます)は、全て運営会社または権利者に帰属します。利用者は、著作権等を無断で使用、侵害すること、雑誌、SNS、他のサイト上へのアップロード、転載行為並びに第三者への配布等を行うことはできません。

 2. 運営会社は、利用者が前項に違反した場合、利用者に対して、民法、著作権法及び商標法等(その他運営会社の権利に基づく場合を含む)に基づく各処置を行うことができるものとします。

 

第7条   (禁止行為)

 1. 利用者は、本サービスの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。

  (1)  自らまたは第三者のために不正な利益を得ようとする行為

  (2)  利用者が本サービスを利用する権利を他者に譲渡し、使用させ、売買し、名義を変更し、質権を設定しまたは担保に供すること

  (3)  運営会社その他第三者の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、プライバシーを侵害すること

  (4)  違法行為、公序良俗に反する行為

  (5)  本サービスの運用を妨げる行為

  (6)  本サービスを営業行為、営利目的及びその準備に利用する行為

  (7)  本サービスの他の利用に違法行為を勧誘または助長する行為

  (8)  本サービスの他の利用が経済的・精神的損害、不利益を被る行為

  (9)    犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為

  (10)  本サービスの映像、画像、文書、商標、ロゴマーク、記載内容、プログラム及びデータベース等並びに運営会社に対する問い合わせ内容及び回答を運営会社に無断で公開する行為、またはそのおそれのある行為

  (11)  他人の知的財産権、プライバシーに関する権利、その他の権利または利益を侵害する行為

  (12)  コンテンツの全部または一部について、方法を問わず、複製、表示、配布、変更、公開、再作成、保存、送信、二次的著作物の作成、販売、利用許諾等を行うこと。

  (13)   本サービスのリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、またはソースコードを取得しようとする行為。

  (14)  運営会社のコンテンツを用いて同種サービスを開発する行為。

  (15)  直接間接を問わず、本サービスのコレクション、コンパイル、データベースまたはディレクトリを生成するために本ツール及びコンテンツについて体系的に検索する行為

  (16)  コンピューター・ウイルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為

  (17)  運営会社が一般的に開示していない機密情報を詮索する行為

  (18)  本サービスの他の利用者に対して宗教、政治結社、マルチ商法等の勧誘をする行為

  (19)  本サービスの他の利用者に対し、運営会社と競合又はその可能性のあるサービス・企業等へ勧誘する行為

  (20)  運営会社に対して殊更に問い合わせを繰り返す行為、または過剰な要求を行う行為

  (21)  その他、運営会社が不適当と判断する行為

 2. 利用者は、第1項に違反する行為に起因して運営会社または第三者に損害が生じた場合、すべての法的責任を負うものとします。

 

第8条   (本サービスの利用中止・中断・停止等)

 1. 運営会社は、利用者次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、本サービスの提供状態を問わず、利用者に対して事前の通知等を要せず、本サービスの利用の中止・中断・停止その他の措置を行うことができるものとします。

  (1)  利用者が前条に定める禁止行為を行った場合

  (2)  利用者が本規約の各規定に違反した場合

  (3)  利用者が反社会的勢力等であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると運営会社が判断した場合

 2.   運営会社は、第1項に定める事由を理由とした措置により、利用者に損害または不利益等が発生した場合であっても、本規約に基づき運営会社が責任を負う場合を除き、一切の責任を負うものではありません。

 

第9条    (運営会社の損害賠償責任)

 1. 運営会社は、本サービスの利用者に生じた一切の損害について、運営会社の故意または重過失の場合を除き、賠償責任を負いません。

 2. 前項の規定は、運営会社と利用者の本サービス利用に関する契約が、消費者契約法第23項に定める消費者契約に該当する場合には、適用されないものとします。

 3. 第1項の場合、運営会社の故意または重過失により生じた利用者が被った損害について、運営会社は、通常かつ直接の損害に限り損害を賠償するものとし、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。

 4. 2項の場合、運営会社は、運営会社の過失(本項では重過失を除きます。)によって生じた損害に関し、前項の規定を準用するものといたします。

 

第10条 (本サービスの停止、変更等)

 1. 運営会社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)  本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を行う場合

(2)  コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの運営ができなくなった場合

(3)  地震、落雷、火災、風水害、停電、感染症の蔓延、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4)  法令、行政処分等により本サービスの提供が困難となった場合

(5)  その他、運営会社が停止または中断を必要と判断した場合

 2. 運営会社は、本サービスの提供が困難だと判断した場合、運営会社の運営上本サービスの廃止が必要であると判断した場合、その他やむを得ない事由は発生した場合、登録ユーザー及びユーザーに対し、事前にインターネットの利用その他の適切な方法により周知の上、本サービスの提供を廃止できるものとします。ただし、やむを得ない事情がある場合、事前の周知を行うことなく、本サービスの提供を廃止する場合があります。

 3. 運営会社は、その都合により、予告なく、本サービスの内容を変更することができるものとします。

 

第11条  (保証の否認)

運営会社は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。

 

第12条  (利用者情報の取扱い)

 1. 運営会社は、本サービスの利用に関し、利用者の個人情報を取得しません。

 2. 前項の定めにかかわらず、利用者自ら個人情報を本サービスにおいて利用、入力又は公開等を行った場合には、運営会社は、本規約において運営会社が責任を負う場合を除き、一切の責任を負いません。

 3. 運営会社は、利用者のデバイスに関する情報、本サービス利用中の情報、問い合わせ内容及び本サービス内の情報などを記録し、保管する場合があります。利用者は運営会社がこれらの情報を保管し、利用することに同意するものとします。

 4. 前項に基づき収集した情報は、次の各号の目的で利用します。

  (1)  本サービスの適切な運営

  (2)  本サービスの提供及び管理

  (3)  質問等に対する回答

  (4)  本サービスの技術的な業務(トラブルシューティング、セキュリティ確保、詐欺行為や悪用の防止を含む)の円滑化

  (5)  利用状況の分析

  (6)  サービスの向上及び新しい機能やサービスの開発

  (7)  研究

  (8)  法令により求められた場合

  (9)  利用者、従業員、第三者、公衆及び運営会社nサービスの安全や整合性を確保するために運営会社が必要と判断した場

  (10) その他前項に準ずる事項

 

第13条 (再委託)

運営会社は、本サービスの提供に関して必要となる業務の全部又は一部を運営会社の判断にて第三者に再委託することができるものとします。

 

第14条 (事業譲渡)

運営会社は、本サービスの事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、本規約に基づく権利及び義務並びに前条3項に基づき取得した情報を、当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、これらに予め同意し了承するものとします。

 

第15条 (規約の変更)

運営会社は、運営会社が必要と判断した場合には、民法第548条の4の規定に基づき変更することがあります。変更を行う旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期は、効力発生時期が到来するまでにウェブサイトへの掲示その他相当の方法により周知します

 

第16条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効と判断された規定の残りの部分は、継続して有効に存続し、当該無効とされた条項またはその一部を、有効とするために必要な範囲で修正し、最大限、当該無効とされた条項またはその一部の趣旨および法律的経済的に同等の効果が確保されるよう解釈されるものとします。

 

第17条 (準拠方法)

 1. 本規約の準拠法は日本法とし、利用者は関連法令を遵守するものとします。

 2. 本規約または本サービスに起因しまたは関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

 

202451日制定】

シナリオを始めましょう!!

ニックネームを入力してください

Feedback Partner

✎ シナリオ選択